修士または博士課程を希望する留学生の入学要件は下記のとおりです。なお、必ず最新の情報を本校の募集要項のページ(英語)からも確認してください。

注:書類提出は、入学を保証するものではありません。

 

共通要件

1.入学申請書と出願料50ドル

出願料は、いかなる理由があっても返還されません。

2.パスポートのコピー

米国在住の応募者で、SEVIS記録をブリッジポート大学に移転する場合は、ビザ・I-94・入国スタンプのコピーと、受け取ったすべてのI-20のコピーを提出する必要があります。扶養家族を連れて行く申請者は、パスポート・ビザ・I-20のコピーも提出する必要があります。

3.履歴書

学歴と職歴を記載した履歴書を提出してください。

4.英文エッセイ(250-500語)

その専攻を選んだ理由、申請者のキャリアアップと専攻との関わり、その学位が将来の目標達成にどのように役立つかを明確に説明し、卒業後の計画についても言及して下さい。

5.英文の推薦書2通以上

2通以上の英語の推薦状を提出して下さい。教授または雇用者から、申請者が大学院レベルの課程を修了できることを証明した推薦状をもらってください。特別な書式はありません。

6.英文の卒業証明書・成績証明書

在籍したすべての高等教育機関(大学・大学院など)の、卒業証明書、成績証明書を提出してください。すべての学術記録が提出できない場合は、入学拒否や奨学金の取り消し、編入時の単位認定の取り消しにつながる可能性があります。

<在籍している大学などの卒業証明書をまだ取得していない方>
卒業予定日を明記した公式の証明書、成績証明書および大学からの手紙(または暫定的な証明書)を英文で提出してください。申請者が大学レベルの学位プログラムを修了したか、または修了する予定であることが証明されなければなりません。

<編入時の単位認定を受けたい方>
編入時の単位認定を受けることを希望する学生は、取得した単位の正確な名称と数の分かる公式の書類を提出する必要があります。自身で作成した説明書類は受け入れられません。これは、入学通知後に提出することもできますが、授業を登録する前までに行う必要があります。単位認定は教授の裁量で判断され、必ずしも認定を受けられるわけではありません。大学院レベルのプログラムでは、6単位以上の科目を認定することはできません。

<英語以外で学術記録を提出する場合>
提出書類が英語でない場合は、提出書類と同じ形式で、専門の翻訳機関によって翻訳された書類を提出してください。提出書類の全てを翻訳する必要があります。

7.英語能力の証明(TOEFL IBT 80以上 or IELTS 6.5以上)

全ての非英語圏の学生は、TOEFLかIELTSのスコアによって英語能力を証明する必要があります。TOEFLまたはIELTSを受験していない、またはスコアが足りない学生は、条件付きで入学許可を得ることができます。TOEFLの詳細については、http://www.ets.org/toefl をご覧ください。TOEFLのブリッジポート大学の学校コードは3914です。その他の英語能力の証明については、本校の英語能力の必要条件ページ(英語)でご確認ください。

<条件付き入学を希望する方>
申請前に英語力を証明できない学生は、大学到着時に大学英語評価試験(ELAB)を受けることになります。ELABテストに合格すれば、そのまま大学院の授業を開始することができます。不合格の場合は、点数に応じて大学の英語教育機関(ELI)に通う必要があります。

8.銀行の残高証明

一学年度分の資金の保有が確認できる、原本、またはカラースキャンの銀行の残高証明書を提出する必要があります。口座の名義人が申請者本人でない場合は、「留学生のための財務諸表」(FSIS)を記入して提出してください。証明書は、発行日が最近6ヶ月以内のもので、英語表記でなければならず、スポンサーと同じ名前でなければなりません。政府や企業が後援している場合は、FSISフォームで財務保証の書類を提出してください。

 

専攻別の要件

以下は、専攻別に必要な追加要件のリストです。最新の要件については大学にお問い合わせください。

<経営学部>
すべてのMBA申請者は、GMAT 400以上を確保する必要があります。ただし、優れた学業成績や就労経験を持つ学生は、GMAT試験を免除される場合があります。

<芸術学部>
デザインマネジメントコースを希望する学生は、PDF形式のポートフォリオを提出する必要があります。ポートフォリオは、芸術やデザインにおける学生の能力を評価するのに望ましいもので、様々な図面、内部空間の色彩のイラスト、写真、陶器の作品、手製の作品、またはコンピュータグラフィックなどです。

<教育学部>
大学での学術研究が米国以外で行われた場合は、すべての学術研究をコースごとに評価する必要があります 詳細については、学術評価サービスにお問い合わせください(www.wes.org)。条件付き入学はこの専攻では許可されません。

現在米国に居住している学生は、PRAXIS I試験に合格し、申請書とともにスコアを提出する必要があります。詳細はhttp://www.ets.org/praxisをご覧ください。

<工学部>
GREの要件は専攻によって異なります。具体的な詳細については、留学生入学担当課(admit@bridgeport.edu)までお問い合わせください。

<保健科学部>
大学の学術研究が米国以外で行われた場合は、すべての学術研究をコースごとに評価する必要があります。詳細については、学術評価サービスにお問い合わせください(www.wes.org)。

 

出願締切日

個々の専攻の締切は異なる場合があります。

7月15日:8月下旬に始まる秋学期の受付最終日
12月1日:1月中旬に始まる春学期の受付最終日

日本の申請者の方は、ビザの取得手続きなどの関係から、締切日の少なくとも3ヶ月前(4月15日、または9月1日)までに、上記の書類をすべて提出することを強くお勧めします。締め切り後に受け取った申請は、自動的に次の学期に繰り越されます。

<郵送先>
上記の全ての書類をできるだけ早く、申請締め切りまでに以下の住所に郵送してください。

University of Bridgeport
Office of International Admissions
126 Park Avenue
Bridgeport, CT 06604 USA
Tel: 203-576-4552

<入学申請書類の処理期間>
入学申請書類の処理には、受け取ってから通常3〜4週間かかります。必要な書類が不足している場合は、処理期間が延長されることがあります。したがって、不必要な遅延を避けるために、上記のすべての書類をまとめて一度に郵送することをお勧めします。