米国大学院留学 ボストン旅行②


こんにちは!

今回は、ボストン旅行パート②ということで、前回のブログに続き後半の2日間(3日目・4日目)について書きたいと思います。

 

3日目

この日は天候が優れませんでしたが、MIT(マサチューセッツ工科大学)を観光しました。

当初の予定では、キャンパスツアーに参加予定でしたが、ちょっとしたトラブルがありまして、ツアーには参加せず自分たちで自由に見学。

ご存知のようにMITは全米屈指のエリート名門校の1つとされ、ノーベル賞受賞者を多数輩出しています。

2014年までの受賞者は81名で、この数はハーバード大学の公式受賞者48名を上回り、世界大学ランキングでは、2012年以来2018年まで、ハーバード大学及びケンブリッジ大学を抑えて7年連続で世界第一位(Wikipedia参照)。

まさに世界の頭脳が集まるエリート大学ですが、印象的だったのは、建物のデザインがとてもシンプルということです。

いち素人としての感想ですが、ハーバード大学やイエール大学のような歴史を感じる建物ではなく、スペースを有効活用している、と言えるような無駄な装飾がされていない建物が多いように感じました。

大学の前にはチャールズ川が流れていて、歩道も広めにとられていたり、ゆったりとした雰囲気で沢山の方がランニングしていました。

落ち葉が多いですが、夏季は気持ちよく走れそうですね!

一般の方はもちろんのこと、近くにはハーバード大学やボストン大学もありますので、MIT生をはじめ様々な大学の学生がトレーニングで使っています。

昼食は2日目と同じ中華料理店でとり(とても美味しいんです)、その後はボストン美術館へ。

ボストン美術館は全米有数の規模をもつ美術館で様々な絵画が展示されていました。

有名なところだと、クロード・モネの作品も飾られていて、「教科書で見たことある!!」という絵画も多くあり嬉しくなりました♪

 

4日目

最終日はハーバード大学のキャンパスツアーに参加しました。

ハーバード駅近くで待ち合わせをし、9:30にスタート。

以下の写真で先頭を歩いているのがハーバード生で、大学の建物や

歴史について1時間半ほどかけて細かく説明をしてくれました。

以下は、3つの嘘で有名なハーバード氏の銅像です。

銅像の足に触れると幸運が訪れるとのことで、足だけピカピカに光ってます。笑

以下の写真は、マイクロソフト創業者のビル・ゲイツが生活していた寮です。Facebook創業者のマーク・ザッカーバーグが生活していた寮にも案内してもらえて、こういうことが知れるのはツアーに参加するからこその恩恵だなと感じました。

以下は、大学の生協でお土産が売られています。他にもお土産が変える

ショップはいくつもあり、一般客でにぎわっています。

これぞ、ハーバードブランド!

MITやハーバードに行って感じるのは、やはり世界の超一流大学は何においても

スケールが違うということです。

 

たまに他大学や別の地域を見学することで、沢山の刺激を受けます!!

今後も留学をより有意義なものにするため、意欲的に動いていきたいなと感じます。

 

それでは、また次回~!!

 

 

 

 

 

 

コメントを残す