ニューヨーク観光⑥:セントラルパークと動物園

今回はニューヨーク観光レポート第6弾、セントラルパーク(Central Park)とセントラルパーク動物園(Central Park Zoo)です。

ちなみに関連記事はこちらからどうぞ。

ニューヨーク観光①:自由の女神はフェリーからが勝負!

ニューヨーク観光②:エリス島の移民博物館は期待した以上に面白い!

ニューヨーク観光③:グラウンドゼロ 9.11の跡地の現在と2つの噴水

ニューヨーク観光④:金融のウォール街と夜景のブルックリン橋

ニューヨーク観光⑤:5番街無双!タワー、図書館、大聖堂

ニューヨーク観光⑦番外編:日本食専門店、荷物預り所

 

セントラルパーク

セントラルパークと摩天楼
セントラルパークと摩天楼

 

セントラルパークと摩天楼
セントラルパークと摩天楼

 

セントラルパークは、マンハッタンの中にある、縦4km、横1kmの長方形をした巨大な広さの公園です。映画の撮影にもよく使われますし、有名なランニングコースでもあります。一周走るとだいたい10km(正確には9.7km)になるので、ジョギングやサイクリングを楽しむ人が大勢います。また、ニューヨークシティマラソンのゴールにもなっているようです。

セントラルパークの特徴は何といっても摩天楼と自然とのコラボレーションです。巨大なビル群と広大な自然空間と言うコントラストを楽しめるのはここくらいではないでしょうか。

セントラルパーク周遊馬車
セントラルパーク周遊馬車

 

セントラルパークの銅像
セントラルパークの銅像

 

また、セントラルパークの周辺には何台もの馬車が停まっていて、周遊ツアーに連れて行ってくれます。ちなみに値段は忘れましたが、結構高かった印象です。その他にも、出店があったり絵の販売をしている人もいました。

セントラルパーク
セントラルパーク

 

園内は結構普通の公園です。ただ、ところどころに有名な建物や銅像などが設置されているようです。園内に入っていくと、セントラルパークの地図が山積みされているところがあったので一つもらおうとしたら、これは売ってるんだと断られてしまいました。マップくらい無料で配ってほしいものです。

 

セントラルパーク動物園

セントラルパーク動物園入り口
セントラルパーク動物園入り口

 

セントラルパーク動物園は、セントラルパークの南側の方にあります。入園料は大人18ドルです。少し小規模な動物園だと思います。ちなみに残念なお知らせですが、動物園と言えば定番な、ライオン、像、キリンはいません。。。

セントラルパーク動物園トロピカルゾーン
セントラルパーク動物園トロピカルゾーン

 

セントラルパーク動物園トロピカルゾーン
セントラルパーク動物園トロピカルゾーン

 

まず始めに行くのがトロピカルゾーンです。ここは熱帯雨林などに生息する動物たちを鑑賞できます。入ってすぐ驚いたのが、野鳥が放し飼いになっていることです。上の写真でも分かりますが、普通に手の届くところまで野鳥が来ることがあります。この動物たちとの距離の近さが、この公園のウリの一つだと言えます。

セントラルパーク動物園のレッサーパンダ
セントラルパーク動物園のレッサーパンダ

 

セントラルパーク動物園の熊
セントラルパーク動物園の熊

 

個人的なことですみませんが、この辺りからなぜか急激に体調を崩し始めて、あまりたくさん写真を撮ることができませんでした。。。上の写真はレッサーパンダと熊ですが、どちらも眠そうな様子でした。タイミングが悪かったですね。その他にもペンギンやニホンザルなどのコーナーもありました。

セントラルパーク動物園のアシカ
セントラルパーク動物園のアシカ

 

最後は動物園の中央に設置されているアシカコーナーです。丸いプールを素早く泳いだり、岩の上に上がってきたりで、なかなかサービス精神旺盛なアシカでした。

最後は、動物園のすぐ横にあるミニ映画館で短い映画を見て帰りました。3Dでなかなか面白かったです。実は動物園のすぐ横には子供向けの動物園も別途あるのですが、そちらは行きませんでした。

ということで今回はセントラルパークと動物園をご紹介しました。これでいったんニューヨーク観光旅行レポートは終わりとなります。

と言いたいところですが、次回は最後、番外編として、日本食専門店、荷物預り所、その他のエピソードなどお伝えしたいと思います。