ニューヨーク観光⑤:5番街無双!タワー、図書館、大聖堂

ニューヨーク観光レポートですが、今回は第5弾、その名も「5番街無双」です。マンハッタンの中でもっとも有名な通りである5番街の観光名所を一挙にご紹介していきたいと思います。本日のメニューは以下の通りです。

・エンパイアステートビル(Empire State Building)

・ニューヨーク公共図書館(New York Public Library)

・ロックフェラーセンター(Rockefeller Center)

・セント・パトリック大聖堂(St. Patrick’s Cathedral)

・トランプタワー(Trump Tower)

 

ちなみに関連記事はこちらからどうぞ。

ニューヨーク観光①:自由の女神はフェリーからが勝負!

ニューヨーク観光②:エリス島の移民博物館は期待した以上に面白い!

ニューヨーク観光③:グラウンドゼロ 9.11の跡地の現在と2つの噴水

ニューヨーク観光④:金融のウォール街と夜景のブルックリン橋

ニューヨーク観光⑥:セントラルパークと動物園

ニューヨーク観光⑦番外編:日本食専門店、荷物預り所

 

5番街とは

ニューヨーク5番街(トランプタワー付近から撮影)
ニューヨーク5番街(トランプタワー付近から撮影)

 


この地図では少し分かりにくいかもしれませんが、5番街とはマンハッタンのほぼ中央を縦断している通りのことです。南の端はワシントン公園から始まり、通り沿いには多くの観光名所やショッピングストアやレストランなどが所せましと並んでいます。地価はものすごい高いらしいです。。。

ちなみに、今回はエンパイアステートビルからセントラルパークまでの、約2kmの区間の観光名所についてご紹介しています。おそらくこれ以上の距離は歩いて周るのはちょっと大変ではないかと思います。

 

エンパイアステートビル

エンパイアステートビル
エンパイアステートビル

 

エンパイアステートビルは1931年に建てられた、当時世界一高いビルで、高さは443mです。おそらくマンハッタンを紹介する数ある写真の中に、一番たくさん登場してくるのがエンパイアステートビルではないかと思います。

エンパイアステートビル正面
エンパイアステートビル正面

 

真下から見上げると、その高さに圧巻させられます。さすがは元世界一です。エンパイアステートビルは高いだけではなく形も特徴的なので、GPS以外で自分の居場所を確認する上で、エンパイアステートビルは良い目印になるのではないでしょうか?

なお、私は行きませんでしたが、エンパイアステートビルの中には展望台があり、チケットを買えば86階と102階の展望台に上がることができます。86階までが34ドル、102階までが54ドルです。夜景がとてもきれいで好評です。

 

ニューヨーク公共図書館

ニューヨーク公共図書館
ニューヨーク公共図書館

 

ニューヨーク公共図書館は、グランドセントラル駅から5番街に歩いていくと、ちょうどぶつかったところに建っている、築100年の巨大な図書館です。おそらく、何も知らない日本人が初めて見たら、絶対に図書館だとは気づかないでしょう。入場は無料でできます。

ニューヨーク公共図書館の館内
ニューヨーク公共図書館の館内

 

館内の写真ですが、手前に映っているのは実は観光客、奥にいるのが勉強しに来た利用者です。

ニューヨーク公共図書館の壁画
ニューヨーク公共図書館の壁画

 

この図書館のユニークなところは、利用者と観光客が同時に訪れることです。館内には壁画を始め、様々な展示物もあり、何よりも図書館のスケールが大きいため、ものすごい数の観光客がやってきます。それと同時に、普通に図書館で勉強している人たちも当然います。ですから、通路をひっきりなしに人が行きかったり写真を撮ったりしている中で、利用者は勉強しているのです。とても不思議な光景でした。

私は始めは5分くらいパッと見て帰ろうと思っていましたが、思った以上に館内が広くて、結局30分ほど館内を歩いて周っていました。アメリカ観光では本当によくあるのですが、建物のスケールが思った以上に大きいので、ゆっくり周るとかなり時間がかかることは覚悟しておいてください。

 

ロックフェラーセンター

ロックフェラーセンター
ロックフェラーセンター

 

かの有名な大富豪、ジョン・ロックフェラーが建てたビル群です。バブル期には日本の会社が買い占めて、日本バブルの象徴ともなりました。中には展望台があり、マンハッタンを一望できます。私は通り過ぎただけなので、ご紹介はこの程度で。

 

セント・パトリック大聖堂

セント・パトリック大聖堂
セント・パトリック大聖堂

先ほどのロックフェラーセンターの道路を挟んで反対側にあるのが、セント・パトリック大聖堂です。カトリック系の教会です。今回は、訪れたのが日曜日だったこともあり、ちょうどミサが始まるタイミングで中に入りました。

セント・パトリック大聖堂内
セント・パトリック大聖堂内

 

セント・パトリック大聖堂内
セント・パトリック大聖堂内

 

中に入ってさっそく写真を撮り始めると、スタッフの人に端っこへ移動するように言われてしまいました。ちょうどミサが始めるタイミングでもあったため、邪魔にならないように端の通路から撮影させていただきました(ということで中央から撮った写真がありません・・・)。

セント・パトリック大聖堂内の祭壇
セント・パトリック大聖堂内の祭壇

 

セント・パトリック大聖堂内の祭壇
セント・パトリック大聖堂内の祭壇

 

セント・パトリック大聖堂内の祭壇
セント・パトリック大聖堂内の祭壇

 

セント・パトリック大聖堂のステンドグラス
セント・パトリック大聖堂のステンドグラス

 

ざっと1000人以上は入れそうなほどの広さ、鮮やかなステンドグラス、厳かな雰囲気。入ってすぐにそのスケールの大きさに魅了されてしまいます。また、端の通路にはいくつもの祭壇が設置されていて、その前でたくさんの人が祈りを捧げていました。中には教会グッズを販売する売店もありました。マンハッタンのど真ん中に、こんな神聖な場所があるなんて不思議ですね。

 

トランプタワー

トランプタワー
トランプタワー

 

トランプタワー
トランプタワー

 

ついにやってきましたトランプタワー!第45代アメリカ大統領にして、何かと発言が物議を醸しだしているトランプ大統領が所有するビルです。ホワイトハウスに移り住むまでは、トランプ大統領も住んでいたとか。

その他にもいろんな有名人が住んでいるようです。有名どころで言うとあのマイクロソフトのビルゲイツなど。家賃は月額数百万だとか。。。日本の平均年収を軽く超えるくらいするようです。値段が半端ないですね。

トランプタワー1階
トランプタワー1階

 

トランプタワーのエスカレーター
トランプタワーのエスカレーター

 

トランプタワーの特徴は、なんといっても使われている色。中に入るとさらに分かりますが、どこもかしこも金色です。実際の金ではないと思いますが、とにかく派手でぜいたくなビルであることは、入ったらすぐに分かります。

ちなみに、一般人は地下1階から地上4階まで自由に行き来することができます。また、見ての通り2階にはスターバックスが入っています。それと、入り口ではお決まりの荷物チェックもあります。

トランプタワー地下レストラン
トランプタワー地下レストラン

 

トランプタワーの地下には軽食が食べれるレストランがあります。値段が意外と安くて驚きました。また、夜はバーも営業しているようです。

トランプタワー4階から下を見下ろした様子
トランプタワー4階から下を見下ろした様子

 

トランプタワーの屋外スペース
トランプタワーの屋外スペース

 

4階まで上がると、屋外に出れるようになっています。普通に座るところがあって植物が植えてある程度で、大した特徴はありませんでした。スタバでコーヒーを買ってここでくつろぐみたいな人が多いようです。

実はトランプタワーには、要人が出入りできる入り口が側面に別にあります。基本的には一般の人は行けないようになっていますが、なにやらお金持ちそうな人が何度かそこから出入りしていました。

トランプタワーの要人用の入り口
トランプタワーの要人用の入り口

 

と言うことで今回はニューヨークの5番街の観光名所を一気にご紹介しました。ニューヨークに観光に行ったら5番街は必ず行くことになると思いますので、ぜひとも今回の記事を参考にしていただけたらと思います。

次回はマンハッタンに突然現れる自然空間、セントラルパークとその中にある動物園をご紹介したいと思います。