ボストンキャリアフォーラムで内定取れました④ー宿泊・移動・食事編

Boston Career Forum #4

今回は、ボストンでの宿泊先や移動方法、食事に関することを書いていきたいと思います。

Airbnbで3泊4日

僕がボスキャリ期間中に滞在した宿泊先は、ボスキャリ会場から13km離れたNorth Quincyに位置する家(Airbnbに掲載)です。Airbnbは民泊の提供者と宿泊者をマッチングするサービスです。

この宿泊先を選んだ理由は、なんと言っても圧倒的な安さです。友達2人と一緒に泊まったのですが、宿泊費はなんと一人 23ドル!!破格です。

ちなみに、ボストンは物価が高いことで有名で、特に会場付近の市街地のホテルとなると、ボスキャリの時期で一泊最低150ドルはします。この宿泊先を選んだおかげで、僕たちは会場付近のホテルに泊まるより85%以上も安く泊まることができたのです。

僕たちは3階の部屋を予約していましたが、ラッキーなことに3階の宿泊者が僕たちだけだったので、この階を貸切状態で使うことができました。ロビーにはソファー・テレビ・ゲーム機が供えてあり、キッチンには冷蔵庫・電子レンジ・コーヒーメーカーが置いてあり、自由に使わせてもらいました。ただクッキングヒーターが使えなかったので、残念なことに料理は出来ませんでした…

宿泊先のロビー
宿泊先のロビー。この階の滞在者は僕たちだけだったので、貸切状態。

 

Wi-Fiも自由に使うことが出来たので、フォーラム前の最終確認や情報収集に役立ちました。

部屋はとても広々としていました。元々は3人用の部屋として、下の写真の部屋を用意してもらってましたが、僕たち以外の宿泊者がいないということで、もう一部屋を貸してもらえました。写真には写ってないですが、広いクローゼットとテーブル、鏡もありました。ベットの質はホテルのものと変わらないくらい良かったです。

宿泊先の部屋(2人用)
宿泊先の部屋(2人用)

また、浴室も同じ階にあって便利でした。ただお湯が30分しか出ないというハプニングがありました。この辺のことは事前にオーナーに問い合わせた方が良いです(汗)

Airbnbのサイトに掲載されている部屋は、基本的にホテルより安い場合が多いですが、僕たちが泊まった部屋は、僕たちが最初のゲストであったことと、最寄り駅が離れていること(徒歩40分の距離)、友達紹介キャンペーンのおかげでこの驚きの安さが実現したのです。お金を節約したいという方は、是非Airbnbを使ってみてください!

 

移動はもっぱらUber

[googlemaps https://www.google.com/maps/embed?pb=!1m26!1m12!1m3!1d47203.44203245293!2d-71.08013576662732!3d42.3166101151546!2m3!1f0!2f0!3f0!3m2!1i1024!2i768!4f13.1!4m11!3e0!4m3!3m2!1d42.346647499999996!2d-71.0450706!4m5!1s0x89e37b5c80e1c981%3A0xaa40e21190a559a3!2z44Oe44K144OB44Ol44O844K744OD44OE5beeIOOCr-OCpOODs-OCt-ODvCDjg47jg7zjgrnjg7vjgq_jgqTjg7Pjgrfjg7w!3m2!1d42.2811843!2d-71.0245188!5e0!3m2!1sja!2sus!4v1522455153372&w=600&h=450]

 

宿泊先から会場までの移動は、Uberを利用しました。電車を使うと会場までdoor to doorで1時間かかるのに対して、Uberは電車とほぼ同料金で20分でしたので、当然の選択です。片道一人7ドルで、家の前まで迎えに来てくれて、会場まで行ってくれるので、とても便利でした。

Uberを使うにあたり、気をつけるべき点はUberのDynamic pricingという料金システムです。これは需要に合わせて運賃が自動で決まるシステムです。ボスキャリ会場閉場時(午後6時頃)は、大勢の人がそれぞれほぼ同じタイミングでほぼ同じ場所からUberを呼ぶので、運賃が跳ね上がります。会場から市街までは約2kmですが、25ドルもしました。通常時だったら、18kmで20ドルなので、値段が約14倍も跳ね上がっています。なのでお金を節約したい人は、ボスキャリ会場閉場時にはUberの利用を避けた方がいいかもしれません。

 

ちなみに、僕たちの住んでいるブリッジポート大学からボストンまでは、電車とバスを合わせて4時間を所要し、費用は片道27ドル。4時間と聞くと遠く感じるかもしれませんが、日本やヨーローッパ、西海岸から来ていた学生には、「バスで来れるなんて」と羨ましがられました。大学の好立地に感謝です。

遠くに住んでいる方は、ボストンまでの交通費を補填してくれるトラベルスカラーシップに申請してみることをオススメします。

会場内でも食事が可能。外の店に行くのもOK

ボスキャリは午前9時から午後6時まであるので、どこかで昼食をとる必要があります。時間の節約をしたい場合は、会場内で済ませるのが賢明だと思います。会場内にあるフードコートは利用しなかったので分かりませんが、別の場所で売っていたホットドックは、10ドルもしたのに味がひどかったのでオススメしません。また、お菓子やドリンクが売っている小さな売店もあるので、小腹がすいた程度だったら、そこで済ましてしまうのも手です。

時間に余裕があったり、息抜きをしたい場合は会場を出るのもありです。参加者カードを見せれば、再入場が可能なので自由に外出できます。会場から徒歩15分弱の場所にSouth Stationというバススケーション&地下鉄駅があり、その構内のfastfood店で食事をとることができます。

ボスキャリ会場周辺の地図
ボスキャリ会場周辺の地図

 

South Station
South Stationの構内

South Stationからさらに10分歩くと中華街があるので、息抜きも兼ねてそこまで足を運んでも悪くはないと思います。ちなみに僕のオススメの中華料理店は「南北風味」です。

中華街にある、「南北風味」の場所
中華街にある、「南北風味」の場所

 

毎日通った中華料理店「南北風味」
毎日通った中華料理店「南北風味」(Picture from Google Map)

このお店は、安い上にとても美味しかったので、僕たちはほぼ毎日食べに行ってました!食事の時間帯はもちろん、昼の3時に行っても常に満席状態で、列を並んで待つこともしばしばです。僕たちはここに行って、疲れた心身を癒していました(笑)

 

「南北風味」の食事。小籠包・麻婆豆腐・炒飯・肉炒め

 

以上、ボスキャリ中の宿泊・移動・食事編でした。

ボスキャリシリーズ:

①ボスキャリとは?
②内定までの流れ
③準備編
④宿泊・移動・食事編