ブリッジポート大学キャンパス内の施設を紹介 その2

ブリッジポート大学のキャンパス内にある施設を数回に分けてご紹介しますシリーズ。今回は第2回となります。

前回は学生がいつも授業に使う施設をメインに紹介してきました。今回も他の建物を紹介しようと思います。

ブリッジポート大学キャンパス内の施設を紹介 その1

学生会館(The John J Cox Student Center)

学生の間ではスチューデントセンターと呼ばれています。ここは、キャンパス内で行われる様々なアクティティビィの中心となるところです。 学生は主に、社会的・文化的・娯楽的活動、および課外活動を企画・運営するために利用します。

各種の会議で使える会議室や、野外ラウンジ、ビリヤード・ルームなどがあります。

サラダやサンドイッチなどの軽食を提供する売店(Fresh Tossed)や、学生が音楽を演奏したり、遊んだり、勉強したりできるカフェ(Twisted Cafe)もあります。

またここには、書店や学内新聞、特別イベントとキャンパスアクティビティ等を運営する各オフィスがある他、学生会のオフィスなどがあります。

スポーツジム(Wheeler Recreation Center)

このスポーツジムは、学生にレクリエーションやフィットネスを行う場を提供しています。

ここには、バレーボール・テニス・サッカー・バスケットボールなど、様々なスポーツができる広い多目的コートがあります。

さらに、6レーンの25メートルスイミングプール、筋トレをするウェイトルーム、ランニングマシンなどが置かれているカーディオシアター、武道の授業で使われる道場ラケットボール専用のコートもあります。

このスポーツジムは、全UB学生が無料で使用可能で、平日の深夜も利用できます。

 

病院(Health Science Building)

ここは、カイロプラクティック学部、看護学部 、自然療法医学部、歯学衛生学部の東洋医学部の授業などが行われるところです。

これらの専門学部はそれぞれサービスはUB生はもちろんのこと、一般の方にも提供されており、また適切な治療が必要になった場合は、患者さんに適切な医療やウェルネスケアを受けられる近隣の他病院を紹介しています。

さらに、薬局もあり、ビタミン、ハーブおよびその他のサプリメントを割引価格で提供しています。

マリーナ食堂(Marina Dining Hall)

マリーナダイニングホールは、UBキャンパス内のメインで一番大きい食堂になります。 ロングアイランドを一望することができるユニークなデザインの建物が特徴で、多種多様なメニューが用意されています。

食事オプションには、アメリカ料理・ベジタリアン料理・海外各国の料理・スープとサラダバー・サンドイッチバー・パスタバー・アイスクリームとデザートバーなどがあります。

またマリーナダイニングホールには、HUBという食堂とは別に学生が楽しめる小規模な飲食店があります。

アジア料理やアメリカンスタイルのグリル料理を選ぶことができます。 キャンパス内の中心にある為、あらゆる場所から徒歩圏内にありますが、特にチェフィーホール(Chaffee Hall)とクーパーホール(Cooper Hall)の目の前にあります。

ヴァーチャルツアーをつかってブリッジポート大学のキャンパスをツアーすることできます!!リンク先:http://www.bridgeport.edu/about/virtual-tour/