ブリッジポート大学がコネチカット州で一番安全なキャンパスへ


こんにちは、Takaです。

ブリッジポート大学も8月から新学期がスタートしました。TeamUBJPも新しいメンバーを迎え、新しい体制で活動を再開しています。私も今学期までですが、代表に就任しました。また私は、TeamUBJPのInstargramのメイン管理者も勤めています。

できるだけ毎日写真を投稿しているので、よかったらチェックして見てください。よろしくお願いします。

 

安全なキャンパス、ナンバーワン!

さて、我々のブリッジポート大学はアメリカ東海岸のコネチカット州にあります。

ホームセキリュティ会社のADT社が今年の4月に、アメリカ連邦捜査局(FBI)とアメリカ合衆国教育省(の中のOffice of Postsecondary Education)によって収集された火災と犯罪の統計を調査し、ブリッジポート大学のキャンパスはコネチカット州の大学の中で一番安全であるという評価を発表しました。

安全意識の高さ

ブリッジポート大学が州でもっとも安全な大学としてランキングにトップとして載ることができた要因の一つとしては、大学側の安全意識の高さがあります。

UBNewsによると、学生だけでなく、”大学職員と管理職の安全が常に最優先事項である”とブリッジポート大学のキャンパスセキュリティ執行取締役であるエイプリルさんは述べています。

キャンパスセキュリティは定期的に大学内の安全対策手順をチェックし、また避難訓練を実施しています。ちなみに私自身もキャンパス内にある寮で、数回火災を想定した避難訓練を経験しました。

また生徒が住んでいる寮には、出入り口に必ず警備員が駐在しており、出入りには必ず学生IDカードを提示するように言われるので、

PAl

実際のPAL

またブリッジポート大学では、大学に入学したと同時に、Personal Alarm Locator 通称PALと呼ばれるセキリュティデバイスが全生徒と全職員に支給されます。

このPALを押すとPALシステムを管理しているセキリュティオフィスにアラームが送信され、送信された情報を基に、デバイスが押された場所をすぐさま正確に特定して、警備員を即座に現場へ送ることができるようになっています。

また位置情報と共にPAL所有者の健康状態(持病、特定のアレルギーの有無など)が含まれた個人情報もセキリュティオフィス側が把握することができるようになっているので、健康面での緊急時に対応できるようになっています。

このPALは、犯罪のような事件対策に使用するだけでなく、突然人が倒れてしまったような緊急時や不審者や不審物に関して通報など、緊急時にも対応できるようになっています。

24時間体制のパトロール

また警備員は、徒歩、バイクや車で週7日24時間体制で交代制でキャンパス中を巡回しています。大学のキャンパスを歩いていると、あちこちでパトロールをしている警備員をよく見かけることができます。

また学生は警備員によるエスコートサービスが利用可能です。例えば、図書館で夜遅くまで勉強してしまい、少し離れている寮まで距離があって、一人で安心して帰れない場合があると思います。そういう場合は、セキュリテイオフィスに電話をして、図書館から寮まで、警備員が帰り道をエスコートしてくれます。

ブリッジポート大学はキャンパス内での安全さに関してトップレベルで表彰されたのはこれが初めてではありませんが、大学は学生がキャンパス内で日々安全に過ごせるように、これまで以上にキャンパス内の安全性を確保していくよう努力していくようです。

Source

CT Post “Bridgeport is home to Connecticut’s safest college campus” April 28, 2018

UB NEWS “UB named Safest College in Conneticut” April 28, 2018,

過去記事

アメリカの公共政策大学院の授業:「文化と開発」①

ブリッジポート大学の学生研究が宇宙に?! 

自炊したもの3選!短時間で簡単に作れて日本の味も楽しめる

コメントを残す