サブウェイ創業者のフレッド・デルーカはブリッジポート大学の卒業生

みなさん、フレッド・デル―カ(Fred DeLuca)を知っていますか?

ブリッジポート大学の長い歴史の中で、最も著名な卒業生と言えば間違いなくフレッド・デル―カでしょう!

フレッド・デル―カ : http://www.subway.com

 

え?そんな名前聞いたことがないって?

フレッドデル―カは、あの世界最大のファーストフードチェーンを創業した人物です。

 

え?マクドナルドの事かって?

 

違います。ケンタッキーでもありません。

マクドナルドよりも店舗数の多いファーストフードチェーン、それはあのSUBWAYです!

今回は、サブウェイの創業者であり、ブリッジポート大学の卒業生でもあるフレッド・デル―カについてご紹介したいと思います。

フレッド・デル―カの生い立ち

フレッド・デル―カは1947年にニューヨークのブルックリンで誕生します。両親はイタリア系アメリカ人で、お父さんは工場で働いていました。彼の家はとても貧しかったため、デル―カは漫画を買いたければ、自分で空き瓶回収などをしてお金を作って買っていたそうです。

フレッド・デル―カの家族(右後ろの少年が本人) : https://www.youtube.com/watch?v=SG4CAC3wcXY

しかし彼は、ただ漫画を買うだけではありませんでした。読み終わった漫画をすぐに友人に売って、そのお金をやりくしてまた新しい漫画を買っていたそうです。そのころからすでに商才に恵まれていたんですね。

デル―カが10歳の時に家族はニューヨークのアムステルダムに引っ越します。そこで、デル―カは将来のビジネスパートナーとなるピーター・バック(Peter Buck)と出会います。

ピーター・バックは後に、サブウェイの共同創業者となる人物です。

ピーター・バック : https://www.youtube.com/watch?v=SG4CAC3wcXY

デル―カはその後、コネチカット州ブリッジポートにあるセントラル高校へ進学します。高校を卒業する際に、デル―カは同じブリッジポート市内にあるブリッジポート大学の医学部に進学することを決意します。しかし彼の家族はとても貧しかったため、自分で学費を準備しなくてはなりませんでした。

彼は当時、地元の金物店でアルバイトをしていましたが、時給1ドル65セントの給料しかもらえず、この金額では進学は到底難しい状況でした。

その時、ピーター・バックがデル―カに、1000ドルを出資するからサンドウィッチのお店をやってみないかと声を掛けます。当時ブリッジポート市にはサンドウィッチを売っているお店はありませんでした。

デル―カはその元手を使って「Pete’s Submarines」というお店を開業しました。これがサブウェイの前身となりました。1965年、デル―カ17歳のことでした。

ちなみに、デル―カは開店初日に、ブリッジポート大学の英語のクラスのテストがあったために、お店を早く切り上げたんだそうです。いかに手探りでサブウェイがスタートしたかが分かりますね。

第一号店 Pete’s Submarines : http://www.subway.com/en-us/aboutus/history

 

フレッド・デル―カとサブウェイ

デル―カは当初、ラジオを使ってお店を宣伝していきました。しかし「Pete’s Submarines」というお店の名前の響きが、どうしてもピザ屋さんに聞こえてしまう人が多かったため、1968年に現在のサブウェイに名前を変更することとなりました。

デル―カは最初の1年目をなんとか乗り切ると、翌年にはすぐに2号店を出店しました。これは、売上が上がったからではなく、お店の数が多ければ認知度が上がって宣伝になるという彼なりのアイデアでした。

お店のロケーションや、外からでもサンドウィッチを作っているのが見えるガラス張りのキッチン、そして客が注文したらその場でトッピングを挟んでいくサブウェイならではのスタイルがヒットし、1978年までに100店舗、1987年には1,000店舗、1995年には全世界で10,000店舗を展開するようになりました。

日本には1991年に進出を開始します。当初はアメリカと同じスタイル、商品で販売していましたが、業績が伸び悩みます。そこで、日本人に合わせたパン生地に変更するなどして巻き返しを図ったところ、これが功を奏して日本でも一定の知名度と売上を獲得するまでに成長しました。

現在サブウェイは、世界112カ国に、約45,000店を出店しています。マクドナルドが37,000店ですから、サブウェイの店舗数の方が20%以上多いことになります。正にキングオブファーストフードです!

フレッド・デル―カとブリッジポート大学

デル―カは当初、ブリッジポート大学の医学部への進学を果たします。しかし彼の事業があまりに忙しくなったために当初の計画を断念し、最終的には1971年に心理学の学位を取得して卒業しました。

また、2002年にはブリッジポート大学から名誉博士号が授与されています。

フレッド・デル―カへ博士号授与 : https://www.youtube.com/watch?v=SG4CAC3wcXY

デル―カの当初の目標とは違った人生となったわけですが、サブウェイ創業のきっかけがブリッジポート大学に入学することだったなんて、とてもユニークな話だと思いませんか。

 

デル―カはブリッジポートの近くの小さな町、ミルフォードに邸宅を構えました。また、サブウェイが世界的な会社になった今でも、サブウェイの本社はコネチカット州のミルフォードにあります。

一代で世界最大のファーストフードチェーン店と、総資産4,000億円を作り上げたデル―カは、2015年に白血病のためこの世を去りました。享年、67歳でした。現在サブウェイは、デル―カの妹のスーザン・グレコ(Suzanne Greco)が後を引き継いでいます。

世界最大のサンドウィッチチェーンが誕生したブリッジポート。そして世界一のサンドウィッチ王が卒業したブリッジポート大学。歴史を背景に改めてブリッジポート大学のキャンパス生活を見つめてみると、また感慨深いものがありますね。

ブリッジポート大学でMBAを学んでいる皆さん、第二のフレッド・デル―カはあなたかもしれませんよ!